So-net無料ブログ作成
プリアンプ ブログトップ
- | 次の10件

Mark Levinson「No.32L」vs Ayre「KX-R」 [プリアンプ]

巷での評価がとても高いマークレビンソンのリファレンス・プリアンプ「No.32L」ですが、既にディスコンということもあり、これまで聴いたことがありませんでした。
今回、あるショップに中古が出ていましたので、このチャンスに一度聴いてみたいと思い、Ayreの「KX-R」と一緒に比較試聴させて頂きました。

◇試聴機材
CDトランスポート:PS AUDIO「PerfectWave Transport」
DAコンバーター:PS AUDIO「PerfectWave DAC」
パワーアンプ:Ayre「MX-R」
スピーカー:Kharma「Ceramique 3.2.2」

まずは「KX-R」から。予想通り、広大な音場が広がります。特に奥行きが素晴らしい。残響音がきれいに再生され、S/Nが高さを感じることができます。特に強調感の無い自然な音で、緊張感なく音楽を聴くことができます。私にとって、とても違和感の無い音でした。

30分程度聴いてから「No.32L」に交換して頂きました。予想以上に音調の差が小さいことにびっくりしました。もっと、全然違った音がするのかと思ったのです。左右の音の広がりは同程度ですが、奥行きはかなり狭くなりました。ただ、高さ方向は「No.32L」の方が上のようです。「KX-R」と比べるとかなり残響音が少なく感じます。S/Nは「KX-R」の方が一枚上のようで、このあたりが10年の差なのかもしれません。

好みからすると、だんぜん「KX-R」の方でした。もっともパワーアンプが「MX-R」ですので、この勝負、はじめから「KX-R」の方が有利と言えます。「No.32L」には別のパワーアンプの方が合うような気がしました。また、「No.32L」は、ときおりハッとさせられる音色が出ることがありました。その感じが好きな方には変えがたいアンプなのかもしれません。

プリアンプの選定はもう少し先にしようと思っていたのですが、この機会を逃すと「No.32L」を聴けるチャンスは当分来ないと思い、試聴を始めることになってしまいました。調子に乗って試聴を続け、思わずローンで購入ということにならないように気をつけたいと思います(笑)
nice!(0)  コメント(2) 
- | 次の10件 プリアンプ ブログトップ