So-net無料ブログ作成

JEFF ROWLAND D.G.「Criterion」復帰(バッテリー交換) [プリアンプ]

Criterion_battery.jpg
「Criterion」のバッテリーが保たない問題ですが、村井さん、いなさんからアドバイスを頂き、輸入代理店に問い合わせたところ、バッテリーを充電する制御回路に問題があるか、もしくはバッテリー自身に問題がある可能性が高いとのことで、点検して頂けることになりました。

発送してから10日ほどで帰って来たのですが、やはりバッテリーの1本に問題があったとのこと。「Criterion」は単一電池タイプのNiMH充電池が6本内蔵されているのですが、それが6本とも新品に交換されて帰ってきました。
交換後のバッテリーが、写真の「TENERGY PREMIUM」。ググってみるとAmazon.comとかでも普通に売っているので、USではメジャーな製品のようです。実力容量は、なんと10,000mAh。eneloopの単一電池タイプの実力容量が6,000mAhのようですので、かなりの高容量タイプです。

帰って来たのは先週末だったのですが、フル充電状態ではなかったので駆動時間は確認できず、今日初めて確認してみました。
結果は上々で、今日は4時間18分!保ちました。素晴らしい!!。バッテリーの残量表示が半分くらいになると、突然充電が始まることもなく、ギリギリまで粘ってくれます。どうやら、これが本来の姿みたいです。
こんなことなら、もっと早く輸入代理店に相談してみれば良かった・・・。村井さん、いなさん、アドバイス頂き本当にありがとうございました。
また、迅速にご対応頂いた太陽インターナショナルにも感謝いたします。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

村井裕弥

よかったですね。
ずうっと気になっていただけに、ホッとしています。
(ここんとこ、オーディオイベントの講演で忙しかったので、更新を見落としていました。すみません)

『ステレオ』11月号の巻頭特集「オーディオブランド音質地図」を書くために、いろいろなメーカーや輸入商社を取材して回ったのですが、太陽インターナショナルはとても親切ていねいに対応してくれました。

その記事には書きそびれたのですが、ブランドの値打ちには「作っている人たちのセンスと技術力」だけでなく、「輸入し、メンテしてくれる人たちの誠実な対応」もふくまれますね。

どんなに音がよくても、「修理に半年かかります」「モジュール交換ウン十万円です」というブランドは使いたくないです。
by 村井裕弥 (2011-10-26 10:56) 

vitamin_engine

こんばんわ、村井さん

気にして頂いて、ありがとうございます。
そうですね。輸入代理店のメンテナンス体制は気になるところです。幸い私の保有機器は、メンテナンスの評価も悪くないみたいですので、安心しております。
ルーメンホワイトは、将来的には不安が残りますけど・・・。

先日、音展の会場でお姿を拝見しましたが、来場者の方と熱心にお話されていたので、お声がけできませんでした。インターナショナル・オーディオショウにも行くつもりですので、もし会場でお見かけしたら、ご挨拶させて頂きます。

by vitamin_engine (2011-10-30 19:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。