So-net無料ブログ作成

VIOLA「SOLO」 [プリアンプ]

VIOLA_SOLO.jpg

ここのところの円高で、もしかすると海外製品が安く買えるのではないかと、プリアンプの価格をショップに問い合わせてみましたが、期待したほどではありませんでした。orz
円安になった時は、すぐ価格を上げるのにねえ・・・。
というわけで、ローン組んででも購入とはなりませんでしたが、この機会に候補は絞っておきたいと思い、試聴を始めることにしました。自分であたりをつけていたものに、ショップの方のお薦めを加え、4機種ほどの自宅試聴をお願いしました。

最初に届いたのがVIOLAの「SOLO」。いわずとしれたVIOLAのリファレンス・プリアンプです。
届いてみてビックリしたのがそのサイズ。モノラル・プリアンプなので薄型2筐体なのは知っていたのですが、届いたのは4筐体とケーブルがひと山・・・。そう、電源が別筐体でした。VIOLAがSW電源を使うはずもなく、考えてみればあの薄型ボディに電源が入るはずはないんですよね。電源部自体がパワーアンプの「FORTE」1つくらいのサイズで、もちろんLRに1つずつなので設置するとかなりの場所をとります。

なんとかセッティングして、音出しを始めました。「うん?」とりわけなんてことない音です。400万円越えのアンプなので、もっとすごい音を期待していたのですが・・・。しばらく聴いていて音の滑らかさが全然違うことに気がつきました。暖かみがあって、滑らかな音色です。加えてVIOLAの製品らしく中低域が分厚くなります。ただ、ソースによってはこれが仇となり、低域の抜けが悪く感じることもありました。オーケストラやクラブミュージックは低域が分厚く迫力があって良いのですが、ジャズのピアノトリオなどは、ドラムやベースが強調され過ぎて肝心のピアノが引っ込んでしまう場合もありました。ただ、基本的にはクリアな音で、プリアンプとしての基本性能の高さを感じます。

プリアンプがモノラルだと使い勝手が悪いのではないかと心配していましたが、リンク用の専用ケーブルで接続することでボリュームがスムーズに連動して動くので、何の問題もありませんでした。加えて、反応がちょっと鈍いのですが(電池の残量が少なかったのかも)リモコンも付いていますので、使い勝手は良好だと思います。

最大のネックは、やはりサイズです。拙宅では置き場所を確保できそうにありません。また、電源環境に影響を受けやすいのか無音時のハムノイズが気になりました。
気に入ってしまうと価格が価格だけに困ったことになったのですが、そういう意味ではひと安心です。次の機種に期待したいと思います。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ルーメンブラック

こんにちは。

プリの試聴記楽しく読ませて頂きました。
アンプの試聴は本当に楽しいですね。

私は エアーの KX-R が今まで試聴した中で一番気に入っています。
あのボリュームの感触、最高です。

これからも試聴記楽しみにしています!
by ルーメンブラック (2010-10-19 22:55) 

vitamin_engine

こんばんは、ルーメンブラックさん。

いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。
秋のオーディオショーシーズンなので、デモ機はなかなか予定がつかないだろうと、年末くらいまでかけてゆっくりと・・・と思っていたのですが、意外にも毎週のようにデモ機が届き、試聴三昧になっています。
試聴記、少し遅れ気味になるかもしれませんが、是非ご覧になってください。

ちなみに本命は「KX-R」だと思っています。

by vitamin_engine (2010-10-23 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。