So-net無料ブログ作成

LUXMAN「D-08」、SONY「SCD-DR1」、Marantz「SA-7S1」、ESOTERIC「X-01 D2」、LINDEMANN「822」店頭試聴 [SACD/CDプレーヤー]

もう師走だというのに書いていない試聴記がいくつかありますので、慌ててまとめておきます。
2009.4.5(日)に行った試聴です。当時のメモをもとに振り返ってみます。

◇試聴機材
プリアンプ:GOLDMUND MIMESIS 27.3 ME
パワーアンプ:GOLDMUND TELOS 200A
スピーカー:B&W 802D

■LUXMAN「D-08」
最初に聴いた影響があると思うが、空間の広がりも一般的で、音的にも特にピンと来るものがなかった。音の厚みもあるが、何か感動するところがない。ちょっと期待外れ。
(トップバッターであった影響が大きかった気がします。今思うとちょっとかわいそうかも)

■SONY「SCD-DR1」
D-08と比べると音がクリアになり、アタックも強めで好ましい。全体としてはニュートラルで誇張のない音。まとまりが良いが、特に惹き付けられることもない。

■Marantz「SA-7S1」
前の2機種と比べると音が前に出てくる。低域もしっかり出て押し出しが強い。音に艶があり、良い意味での色づけを感じる。奥行感も十分ありコストパフォーマンスは高いと思う。

■ESOTERIC「X-01 D2」
鳴り始めた瞬間に、これまでの機種とはかなり違う解像感と空間の広さを感じる。高さ方向に大きく広がるところが前の3機種とは対照的。左右のセパレーションも良い。
低域はタイトであるため、マランツよりは薄く感じる。反面、高域はどこまでも澄んでいて伸びる感じ。これまでの機種よりも1段上の印象。(価格も1段上ですが・・)

■LINDEMANN「822」
不思議な音である。どこがいいとは言えないのに魅力的な音で、鳥肌が立ちそうになる。
空間が音で満たされている感じで、音にもこれ見よがしではないが艶がある。MarantzとESOTERICの中間くらいのイメージ。
ESOTERICのように高さはないが空間表現も十分な感じで、幾分奥めに展開される。
透明感があるのに、ESOTERICの透明感とは質が違う印象。ESOTERICの音を透明な空気に例えるなら、透明な水のような感じ。空間が満たされているところが違う。
X-01 D2とどちらがいいかは判断が分かれるところだが、どちらも魅力的である。

この試聴ではESOTERICとLINDEMANNが好印象でした。特にLINDEMANNの良さは上手く説明ができません。ある意味とても地味な音なのですが、なんとも心地よい不思議な音です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。