So-net無料ブログ作成
アクセサリー ブログトップ

BMI「Hammerhead Mk3改」 [アクセサリー]

GWにmessaさんのお宅でのオフ会に呼んで頂き、その際にいくつか電源ケーブルの比較試聴をさせて頂きました。その中で音調が気に入ったものがあり、お貸し頂けるということで1本お借りしてきました。BMI「Hammerhead Mk3改」というケーブルです。もともとは2.4mのケーブルだったところを、messaさん、それを切って1.5mと0.9mの2本にしちゃったのだそうです。なんと大胆な! 今回は、0.9mの方をお借りしました。
私はケーブル類にはほとんど興味が無いのですが、好みの音の傾向だったので自宅のシステムで聴いてみたくなったのです。

先週末に自宅で比較試聴を行いました。プリアンプはバッテリー駆動のため影響が出ないと思い、比較はユニバーサル・プレーヤーのESOTERIC「UX-3Pi」で行いました。その際、これまでESOTERICの純正電源ケーブルを使っていなかったことに気がつきました。中古の品を購入前に自宅試聴させて頂いたので、その時に付いてきた電源ケーブルをそのまま使っていて、純正のケーブルは箱に入ったままだったのです。どうせ比較するなら純正ケーブルと行うべきだと思い、まずは純正に変更するところから始めました。


■ESOTERIC純正電源ケーブル
聴き始めてすぐにハッとしました。これまでと全然違うのです。少しきらびやかでクリア、アタック等も強めで力強い音。非常にソリッドな印象で低域がさらに締まり、曇りが無くなった感じです。そう、より一層ESOTERICっぽい音になりました。もともと設計者が狙っていたのは、この音だったのか・・・。もっと早く交換しとけば良かった。(笑)
反面、奥行き感は少し後退した感じです。少しエッジの立ったストレートな音が持ち味って感じでしょうか。

■BMI「Hammerhead Mk3改」
一転して柔らかめの優しい音です。messaさん邸で聴いた印象とは、だいぶ違う感じ。音の余韻等の弱音の再生能力はこちらの方が高く、かなり奥行き感が出ます。高域に少しきらっとしたところがあり、これを癖ととらえるか、華やかだととらえるかは個人的な好みによるかなと思います。ドラムのアタック感が少し弱めに感じられるところが、個人的にはマイナス点。
柔らかめでこれ見よがし感の無いシックな音ですが、ところどころに華やかさをちりばめた、少しゴージャス感がある音だと思いました。


全く音の方向性が違うケーブルなので比較するは難しいのですが、どちらが好みかと言えば「ESOTERIC純正電源ケーブル」の方です。なんて安上がりな耳なんだ。(笑)
正直、気に入っちゃって返したくなくなったらどうしようと思っていただけに、ひと安心です。
ケーブルで音が変わるのはもちろん認識していましたが、思った以上に変化がありました。また、機器との組み合わせでずいぶんと印象が変わりますね。messaさん邸で聴いた中では一番力強い感じだったのですが・・・。

messaさん、高価なものをお貸し頂きありがとうございました。良い経験をさせて頂きました。
nice!(0)  コメント(2) 

finite elemente「CERABASE Slimline」 [アクセサリー]

CERABASE_1.jpg拙宅のルーメンホワイトが、奇跡的に震災の被害を免れたのは以前お伝えした通りですが、度重なる余震のことを考えると、このまま足下をスパイクにしておくのは危険だと思い、対策を検討することにしました。
スパイクの様に1点で支えるのではなく、しっかりと面で支えるようなインシュレータを使用したい。横滑り等も防ぎたいので、できればスパイク用の穴にボルトで固定できるようなものにしたいと思い、白羽の矢を立てたのがfinite elemente「CERABASE」です。

以前、スパイクを外してみた時の経験から、かなり優秀なインシュレータでないと音質面を犠牲にしてしまうだろうと思い、大変高価ですが評価は非常に高い「CERABASE」を候補にすることに。ただ、実際にルーメンホワイトに「CERABASE」を取り付けることが出来るのかが、ホームページやカタログ等の資料では全くわかりませんでした。そこで、「CERABASE」をお使いのmessaさんに協力して頂き、実際の製品を見せて頂きました。すると、ルーメンホワイトで使われているM8径に加えM6径のボルトが付属していることがわかりました。messaさん、ありがとうございました。

取り付けは大丈夫そうだとわかりましたので、お世話になっているショップの方にお願いしてデモ機を取り寄せて頂くことにしました。ただ、通常の「CERABASE」は高さが50mmもあり、ツィーターの位置が高くなり過ぎてしまうので、新しく発売された「CERABASE Slimline」にしてみることに。こちらは高さが20mmなので、現行のスパイクとほぼ同じ高さになります。
実は「CERABASE Slimline」は新機種なので、まだデモ機がなかったのですが、ショップの方の好意で新品をオーダーして貸し出してくださいました。本当に感謝です。

CERABASE_2.jpg製品が到着し、早速取り付けてみました。「CERABASE Slimline」の方にも、M8/M6径のボルトが付属しており、取り付けは何の問題もなくできました。スペーサーや木ネジのようなものも付属しており、いろいろなものに取り付け可能かと思います。
ただ、残念ながら音の方は期待通りではありませんでした。低域が薄くなってしまい、かつ音が奥に引っ込んでしまって平面的になってしまいました。反面、高域は延びているようで、ところどころで楽器の質感表現が高まり「おっ」と思うところもありました。しかし、どうにもアタック感が薄れてしまうのが良くありません。なんだか、よそよそしい感じがして音楽を楽しむことができません。
期待していただけに残念な結果でしたが、ルーメンホワイトに使用するのはあきらめました。同時に地震対策もあきらまました。orz さすがに音は犠牲にできませんもんね。

その後、CDプレーヤーに使ってみたのですが、こちらはかなり効果があるようで、透明感が高まり質感表現が向上しました。力感が失われることもなかったので、プレーヤーには良さそうです。そのため、3ピースのセットを1つ購入しました。こちらの詳細は、また機会があればアップしたいと思います。

nice!(0)  コメント(10) 

イルンゴ・オーディオ「grandezza」 [アクセサリー]

悩んでいたオーディオ・ボードですが、結局イルンゴ・オーディオの「grandezza」にしました。

もともと高価なボードであるのに、既製のサイズでルーメンホワイトに合うはずもなく、特注。色も黒では部屋やスピーカーと合わないため、特注。と結構な費用がかかりました。ただ、色に関しては、かなり自由に好きな色を選べるので、仕上がりにはとても満足しています。
ハードウッド系の板を通販で買って自分で塗装というのも考えましたが、何度も買い直したくないので結局実績がありそうなものを選びました。

で、ざっとセッティングしての結果ですが、
まずは、アタック音が明瞭になりました。これまで、その分のエネルギーが逃げていたことが良くわかりました。それから狙い通り、低域に少し厚みが出ました。低域が軽く弾み気味だった曲も、伸びるようになりました。
反面、悪くなった点としては、フォーカスが少し甘くなり、音場が少し狭くなりました。また、厚みが60mmもあるためツィーターの位置が少し高すぎます。まあ、これらに関しては、セッティング次第で改善できそうな気がしています。
いろいろと試したいことはあるのですが、時間がないのと、42kgのsilverflameを一人で動かすのは一苦労なので、なかなか進みません。まあ、時間を見つけて少しずつ試していこうと思っています。

と、ベースができてきたので、パワーアンプの試聴を始めました。その経過に関しては、また後日。
nice!(0)  コメント(2) 

オーディオボード探し [アクセサリー]

silverflameの足下強化のために、オーディオボードを物色中。

いざ探してみると、意外と候補が少ないことがわかりました。silverflameは、奥行きが650mmと通常のスピーカーに比べ非常に長いため、市販のオーディオボードでサイズが合うものがほとんどありません。
オーディオショップで相談しても「そのサイズだと特注しかないですね」と軽く言われる始末で、既製品で合うのはタオックの「SCB-RS65G」か「SCB-CS65D」くらい。
簡単に特注できるのは、御影石か大理石、あとはウッド素材くらいでしょうか。

とりあえず「SCB-RS65G」を買って敷いてみるかと思いつつも、ルーメンホワイトを展示しているショップではどうしてるんだろうと思い、出かけてショップの方に尋ねてみました。
すると「私もいろいろと試したのですが、ルーメンホワイトを上手く鳴らすのはとても難しい」とのこと、「えっ、マジ・・・」正直ちょっと焦りました。
その方曰く「ルーメンホワイトの美しい響きを生かすことが一番重要で、響きを抑えるタイプのボードは絶対使ってはダメ」だと。

自分でも低域の量感を減らしたくないので、デッド気味になるボードはどうかなと思っていましたが、やはりダメですか・・・。となるとウッド系のボードで良さそうなものを探すしかなさそうです。
ルーメンホワイトの素材と合わせてハードメイプルも面白いかなと思っていますが、あまり色がのるのと音がにじむのは避けたいのところ。あれこれ試してみれば良いのでしょうが、大きめのサイズのボードを何枚も置いておく場所が無いし、予算も限られています。特注品では、売ることもままならないでしょうし・・・。

まあ、焦ってはいないので、のんびり探そうと思います。


nice!(0)  コメント(2) 
アクセサリー ブログトップ