So-net無料ブログ作成

Consensus Audio「Bogen」 [スピーカー]

Consensus Audioの最新機種「Bogen」の試聴会に行ってきました。
この機種は一度も聴いたことがなかったので、是非聴いてみたいと思っていました。
試聴機材は以下の通りです。

◇試聴機材
SACD/CDプレーヤー:Luxman D-08
プリアンプ:Luxman C-800f
パワーアンプ:Luxman M-800A

「Bogen」は、かなりコンパクトな機種で、日本の住環境を考えると導入しやすいサイズだと思いました。価格も¥1,575,000(税込)とこれまでの機種と比べれば断然お求めやすくなっています。それでも十分高いですけど・・・。

基本的には上位機種あるいはルーメンホワイトと共通する音で、透明感が高く、ハイスピード。自然な響きを持つ音です。低域が多少薄く感じるのも同様です。
ほんのりと音に温かみがあるのは、Luxmanの個性が出ているのだと思います。GOLDMUNDとかで鳴らせば、もっとクールに鳴りそうです。
サイズからして、もっと苦しそうな鳴り方をするのではないかと思っていましたが、そんなことはなく意外に余裕を持って鳴っていました。低域もサイズを考えれば十分出ていたと思います。(もちろん、ドバァと押し寄せるような低域ではありませんが)

ただ、1点気になったことが・・・。これまで聴いた上位機種と比べて、ちょっと音が膨らみ気味で音の分離が悪い感じがしました。特に低域。
サイズの小ささをカバーするために、上位機種よりも響き気味にチューニングされているのかなとも思いましたが、もしかすると部屋の影響かもしれません。初めての試聴室でしたので、部屋の傾向がわかりません。壁の材質等から判断するとライブ気味の感じがしましたので、その可能性も高いと思います。また聴くチャンスがあれば、そのあたりを確かめてみたいと思っています。

なにはともあれ、エアーフロー・ダンピングを使ったスピーカーの選択肢が増えたのは良いことだと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。